ロケット回収機構のコンピューターテスト

小型センサーBMP280、液晶ディスプレイ、Arduino UNO、100均のガラス瓶、手動の真空ポンプを購入し、真空試験装置を自作。ロケットの回収機構に搭載するコンピューターが設定どおり作動するかどうかの試験を実施した。高度10キロメートルまで打ち上げた環境を真空試験装置内で再現、コンピューターが予定通り作動したことを確認した。自宅の書斎でも宇宙開発ができることを実証。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示